タイトル写真

珈琲豆の産地

 コーヒーはアフリカをはじめとする、赤道直下の地域でおもに生産されています。青い実が赤くなるとそろそろ収穫期になります。この赤道直下のコーヒー産地のことをコーヒーベルト地帯ともいいます。
 アフリカ大陸北東部にあるエチオピアの高原では「モカ」、タンザニアの「キリマンジャロ」、アンデス山脈のあるコロンビアでは「コロンビア」、インドネシアのスマトラ島の高地では「マンデリン」、そしてジャマイカのブルーマウンテン山脈の標高800m〜1200mでは、高級品として知られる「ブルーマウンテン」が生産されています。良質なコーヒー豆の産地に共通するのは、いずれも高地での栽培をしていることで、夜と昼の寒暖の差が美味しいコーヒー豆を作るとされています。

珈琲豆の産地について

 日本の珈琲専門店や喫茶店で特徴的なのが、ストレート珈琲が味わえることです。「モカ」「キリマンジャロ」「マンデリン」「コロンビア」「ブラジル」「メキシコ」「ハワイコナ」「ブルーマウンテン」など、それぞれに特徴のある味を楽しむことができます。

ウガンダのコーヒーです。ロブスター種はウガンダに自生していましたが、現在ではアラビカ種が主にマウントエルゴンで栽培されて出荷されています
ウガンダのコーヒーです。ロブスター種はウガンダに自生していましたが、現在ではアラビカ種が主にマウントエルゴンで栽培されて出荷されています

 こういった多くのコーヒー豆は、ほとんどが赤道直下の地域で栽培されたものです。珈琲の木の原産はエチオピアだとされていますが、珈琲が世界に広まっていった経緯については、エチオピア説とアラビア説の2つがよく知られています。
 どちらが正しいかは諸説入り乱れはっきりしないようですが、最初は煎じて飲むという今のスタイルではなく、珈琲の実自体を食用にしていたようです。

タンザニア産のコーヒーとして人気があるのがキリマンジャロです。赤道直下のコーヒーベルト地帯でも、標高が高く昼と夜の寒暖の差が大きいところほど、良質のコーヒーができるとされています。キリマンジャロは標高5895m、コーヒーは1500mから2500m付近のところで栽培されています
タンザニア産のコーヒーとして人気があるのがキリマンジャロです。赤道直下のコーヒーベルト地帯でも、標高が高く昼と夜の寒暖の差が大きいところほど、良質のコーヒーができるとされています。キリマンジャロは標高5895m、コーヒーは1500mから2500m付近のところで栽培されています

 日本へ珈琲が入ってきたのは、鎖国時代の1700年ころ、長崎の出島のオランダ人からというのが一般的です。明治時代に珈琲の生豆を輸入したという話もありますが、一般家庭で多くの人が珈琲に親しむようになったのは、戦後になってからと考えていいと思います。
 ただし、ハイカラ好きの旧日本海軍ではコーヒーもかなり広まっていたようで、管理人が読んだ戦記の中にもコーヒーが出てくる部分がありました。
 そこには「塩」を入れて飲むような話が書いてあったので、ちょっと真似をして塩を入れたコーヒーを飲んでみましたが、とてもとても不味くて、飲めたものではありませんでした。なにか、特別に美味しく飲む方法でもあったのでしょうか。いまだによくわかりません。

【コーヒー豆の産地 Photo Guide】
【モカ 中煎り】 【キリマンジャロ 浅煎りの深め】
【モカ 中煎り】香りが高く、強い酸味とコク、それに加えて甘味があるのが特徴です。ヨーロッパに最初に出荷された珈琲です。写真はイエメン産の最高級品モカマタリです。イエメン、エチオピアが産地です 【キリマンジャロ 浅煎り深め】強い酸味と甘い香りが特徴です。ドイツと日本で、とくに人気のある珈琲です。現地からはAA(ダブルA)の最高級品がおもに輸出されています。タンザニア産です
【コロンビア 中煎り】 【ブラジル 深煎り】
【コロンビア 中煎り】強い甘味とまろやかな酸味が特徴です。エメラルドマウンテンと呼ばれる高級品は標高が1700m以上のアンデス山地で栽培されたものです。写真は最高級品のスプレモです。コロンビア産 【ブラジル 深煎り】快い苦味と柔らかな酸味のバランスがすばらしい豆です。世界一の生産量を誇ります。他の豆とのブレンドの相性がいいのも特徴です。写真はサントスニブラ。ブラジル産です
中央写真

地図をクリックすると、より大きなMAPで見ることができます

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】