タイトル写真

コーヒーのカロリーとダイエット

 眠気覚ましに抜群の効果を発揮してくれるのが、1杯分で約8カロリーのコーヒーです。コーヒーについては、カフェインが知覚を刺激して集中力を高めたり、胃腸の働きを活発化させるなどいろいろな薬効が言われていますが、ダイエット効果として注目したいのが利尿作用です。
 コーヒーが持つ強い利尿作用が、新陳代謝を促進しダイエットに効果的なわけです。注意したいのが、コーヒー自体は1杯で約8カロリーとされていますが、クリームや砂糖を入れるととたんにカロリー値が上昇することです。美味しいコーヒーはブラックで飲んでもほんのりと甘味があり、飲んだ後に爽やか感が残ります。コーヒーの美味しい、行きつけの喫茶店を持つとダイエットにも有効かもしれませんね。

コーヒーのカロリーと
ダイエット

 朝起きたときや眠気を催したときに、飲みたくなるのがコーヒーですね。ストレートで飲むコーヒーのカロリー値は標準的なカップで8カロリーとされています。
 コーヒーが持つ作用としてよく知られているものに、ダイエットにも有効な利尿作用がありますが、もともとが薬として利用されてきた歴史がある飲み物だけに、胃の薬、頭痛の薬、心臓の薬などとしても効果を発揮するようです。

朝起きたときにコーヒーを飲むと大脳皮質が刺激され、すっきりします。また、二日酔いにも効果があるとされています 朝起きたときにコーヒーを飲むと大脳皮質が刺激され、すっきりします。また、二日酔いにも効果があるとされています

 缶コーヒーやインスタントコーヒーの美味しさは、豆を挽いてから入れるコーヒーとはまったく別のものと考えたほうがいいと思います。
 入れたてのコーヒーは胃に負担をかけることもなく、かえって胃腸の働きを活発にしてくれる作用があります。

最近では、1杯づつ分封されたタイプのコーヒーも手軽さで人気があります 最近では、1杯づつ分封されたタイプのコーヒーも手軽さで人気があります

 もうひとつ、コーヒーで忘れてはならないのがリフレッシュ効果とヒーリング効果でしょうか。
 ゆったりとした気分で飲む低カロリーの美味しいコーヒーには、身体や心を癒してくれる効果があり、それが間接的にも体調をアップ、ダイエットにも効くと思うのですが、コーヒー好きの皆さんいかがでしょうか。

【コーヒーのカロリーとダイエット Photo Guide】
コーヒーは古くから薬の替りに用いられたりもしました。利尿効果や眠気、疲労感を取り除く作用などが確認されています 普通の大きさのカップでブラックのコーヒーを飲むと、1杯で約8カロリーとされています。ほとんど気にならないカロリー値です
コーヒーは古くから薬の替りに用いられたりもしました。利尿効果や眠気、疲労感を取り除く作用などが確認されています 普通の大きさのカップでブラックのコーヒーを飲むと、1杯で約8カロリーとされています。ほとんど気にならないカロリー値です
ミルク入りコーヒーではカロリー値が約20上昇します。生クリームを入れるウインナコーヒーでは100カロリーを超してしまいます ティースプーンに軽く1杯の砂糖を入れると約20カロリーです。スティックシュガーの1本もだいたい同じカロリー値です
ミルク入りコーヒーではカロリー値が約20上昇します。生クリームを入れるウインナコーヒーでは100カロリーを超してしまいます ティースプーンに軽く1杯の砂糖を入れると約20カロリーです。スティックシュガーの1本もだいたい同じカロリー値です
中央写真

コーヒーの利尿作用が身体の新陳代謝を促進してダイエットに効果があります

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】