タイトル写真

井の頭公園(井の頭恩賜公園)

 武蔵野珈琲店に行ったら、ぜひ足を伸ばしてほしいのが井の頭公園です。正確な名称は「井の頭恩賜公園」(いのかしらおんしこうえん)で、三代将軍徳川家光が「井の頭池」と名づけたとされることに由来しています。池の周りにベンチが多いので、デートコースのスポットしても人気です。
 公園は、井の頭池とその周辺、武蔵野の面影が残る雑木林のある御殿山、そして井の頭自然園の分園と本園に分かれています。第2公園や西園と呼ばれるエリアには、「崖の上のポニョ」や「もののけ姫」で知られる宮崎駿監督の「スタジオジブリ」があります。
 ボート池の周辺を散策するだけでも、ちょっとした気分転換になります。秋から冬にかけては多くの渡り鳥が飛来し、水面は忙しくエサをあさる鴨たちで賑やかです。

井の頭公園

 吉祥寺駅南口から、マルイの横の通りを歩くと、左側の2階に「武蔵野珈琲店」があります。
 階段を上がって、すぐにコーヒーを注文してもいいのですが、時間のあるときや天気のいい日には、ぜひすぐ先の井の頭公園まで足を伸ばしてみてください。

左側の2階が「武蔵野珈琲店」です。まっすぐ進むとすぐに公園です
左側の2階が「武蔵野珈琲店」です。まっすぐ進むとすぐに公園です

 池の外周は約1.5kmですから散歩するにはぴったりの距離です。ゆっくり歩いて30〜40分というところでしょうか。真ん中にある橋を使い、ボート池だけを回ると15分ぐらいだと思います。
 吉祥寺は、以前、高田渡や中山ラビ、加川良といった面々が、東急デパートの先にあった「ぐゎらん堂」を中心に集まり「吉祥寺フォーク」と呼ばれたほど音楽の盛んな地域でした。
 そのせいか、今でも土日には公園でギターやバイオリンなどの楽器を弾く人たちによく出合います。
 ときには、左側の大きな写真のような思わず足を止めたくなるような光景に出会うこともあります。

公園の入り口の階段付近には、吉祥寺名物の「焼き鳥 いせや」などの店があります
公園の入り口の階段付近には、吉祥寺名物の「焼き鳥 いせや」などの店があります

 有料の文化園は、ボート池の横の分園と、御殿山にある本園とに分かれています。吉祥寺に頻繁に足を運ぶ方なら、年間パスを買って利用するといいでしょう。
 分園では、鳥類や水棲動物などが見られ、本園には動物エリアや熱帯植物園などがあります。
 動物のおすすめは、ツシマヤマネコです。イリオモテヤマネコとともに日本に現存する大型のヤマネコです。ネコ好きの方は、ぜひ自分のネコとツシマヤマネコの耳を比べてみてください。ツシマヤマネコやイリオモテヤマネコは、耳のついている位置が、今の飼い猫とはずいぶん違います。
 静かな時間を過ごしたいときや落ち着いた雰囲気でデートを楽しみたいときなどには、平日や雨の日の彫刻館がおすすめです。ほとんど人の出入りがなく、ゆったりした時が数多くの彫刻作品の間を流れていきます。

ボート乗り場の向かいにある井の頭自然文化園(分園)の入り口です。水棲動物などが見られる施設があります。入場料は400円(小学6年生までは無料)です。年間パスが1600円なので、4回以上行くなら年間パスがお得です。サルやゾウは、本園のほうにエリアがあります
ボート乗り場の向かいにある井の頭自然文化園(分園)の入り口です。水棲動物などが見られる施設があります。入場料は400円(小学6年生までは無料)です。年間パスが1600円なので、4回以上行くなら年間パスがお得です。サルやゾウは、本園のほうにエリアがあります

 散策に疲れて、美味しい珈琲が飲みたくなったら武蔵野珈琲店まで戻り、暑い日ならアイスコーヒーやアイスココア、寒い日ならやウインナコーヒーがおすすめです。
 身体の芯から冷えてしまった時には、アイリッシュコーヒーをぜひ試してみてください。寒さの厳しいアイルランドで生れた、バリエーションコーヒーの傑作です。
 カップルなら、彼女にはロイヤルミルクティーにホイップクリームが乗ったクレーム・ドゥ・テがぴったりです。

【井の頭公園 Photo Guide】
手漕ぎボートや白鳥の形をしたペダルボートがある、井の頭のボート池です。男女のカップルでボートに乗る姿もよくみかけます ボート池の周囲は春にはサクラがキレイです。お花見の名所としても人気です。シーズンになると花見の場処取りたいへんです
手漕ぎボートや白鳥の形をしたペダルボートがある、井の頭のボート池です。男女のカップルでボートに乗る姿もよくみかけます ボート池の周囲は春にはサクラがキレイです。お花見の名所としても人気です。シーズンになると花見の場処取りたいへんです
弁天様です。公園のボートにカップルで乗ると、男女の出会いに弁天様が焼きもちを妬くと言われています 人の少ない平日ならゆっくりと考え事をしながら歩いたり、カップルで会話しながら散策するには、ぴったりの雰囲気です
池の南側にある弁天様です。公園のボートにカップルで乗ると、男女の出会いに弁天様が焼きもちを妬くと言われています 人の少ない平日ならゆっくりと考え事をしながら歩いたり、カップルで会話しながら散策するには、ぴったりの雰囲気です
池の南側にある弁天様です。公園のボートにカップルで乗ると、男女の出会いに弁天様が焼きもちを妬いくと言われています サル山も人気です。子ザルたちを見ているだけで、1日飽きません
文化園の本園にいる、ゾウの花子さんです。子供たちのアイドルです サル山も人気です。子ザルたちを見ているだけで、1日飽きません
本園には小さな乗り物などがある、遊園地もあります カップルにおすすめのポイントは、静かな彫刻館です
本園には小さな乗り物などがある、遊園地もあります カップルにおすすめのポイントは、静かな彫刻館です
マスターの入れるコーヒーは肌理の細かい泡がふっくらと盛り上がってきます

公園で出会った可愛いストリートミュージシャンです。吉祥寺は、昔、「吉祥寺フォーク」という言葉も生れたくらい、音楽が盛んです。今でも井の頭公園では、ギターやバイオリンなどを弾いている人たちによく会います

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】