タイトル写真

ヘレンド(ハンガリー・ヘレンド村)

 ヘレンドの開窯は1826年ですから、ちょうどフランスのロマンチックバレエが全盛の時です。現在でも、よく上演される、「ジゼル」や「ラ・シルフィード」などが、30年代や40年代に生れました。ブタペストの南西約120km、中央ヨーロッパ最大の湖として有名な、バラトン湖の北方にある村でヘレンドは誕生しました。
 ヘレンドが有名になったのは、1851年、ロンドンの第一回世界万国博覧会開催で、大英帝国君主・ヴィクトリア女王がウィンザー城のディナーセットをヘレンドに注文したのがきっかけです。これによってヘレンドの名はヨーロッパ中に広まりました。中国風のこのパターンは、それ以降「ヴィクトリア」と呼ばれ、ヨーロッパ各地の王侯貴族に愛されました。

マスター達が造る
ヘレンド

 ブタペストまで行ったら、ぜひ足を伸ばしてみたいところのひとつが、ヘレンドの工場でした。
 ヘレンドの工場がある、ヘレンド村までは路線バスを利用します。ブタペストからベスプレームまで、まず最初のバスに乗り、次にヘレンド行きのバスの乗り換えます。もちろん、バジャル語などできないのですが、地名の単語を並べて運転手さんにどうにか理解してもらうことができました。
 武蔵野珈琲店にも何客かヘレンドの器がありますが、ヴィクトリア女王が気に入ったというだけあって、どれも高級感の漂うデザインです。
 コーヒーカップとティカップの写真を載せてみましたが、取っ手の部分に注目してください。コーヒーカップのほうは、つまんで持ち上げるタイプなのに対し、ティーカップは中に指が入るようになっています。
 これは、器に入るコーヒーや紅茶の量から来る違いで、どうしても重くなるので、大きめのティーカップでは指が入るようになっています。

ヘレンドの工場です。中に、ヘレンド博物館などがあります。ヨーロッパや日本から、ツアーで見学に来る人も多く、ハンガリーの隠れた人気スポットです
ヘレンドの工場です。中に、ヘレンド博物館などがあります。ヨーロッパや日本から、ツアーで見学に来る人も多く、ハンガリーの隠れた人気スポットです

 ヘレンドの工場を訪ねて驚いたのは、ほんとうに周りになにもないことです。店舗はもちろん、人家もほとんどありません。
 朝、早くホテルを出発したので、ほとんどなにも食べていません。ヘレンドの工場で聞いて行ってみたレストランも、運悪く閉まっていました。
 しょうがないので、ヘレンド博物館の中にあるカフェで、ケーキを2個注文してしまいました。
 ヘレンドの工場は、工場というより手造り職人さんたちの仕事場、といった雰囲気がぴったりです。

ヘレンドのやや大きめのティーカップです。ヘレンドの中では、アンティークに入ります
ヘレンドのやや大きめのティーカップです。ヘレンドの中では、アンティークに入ります

 私が見た中で、とくに印象に残ったのが、中央の写真のおばさんです。見学者のことなど、まるで目に入らないかのように、緻密な作業を淡々と続けていました。
 一つ一つの手作業から漂ってくる雰囲気は、まさに「マスター」の称号にふさわしい、凛とした美しさでした。

当日はレストランが休みだったので、ヘレンド博物館の中にあるカフェでケーキをいただきました。お腹がすいていたので2つも食べてしまいました。もちろん使用されていた器はヘレンドなので、贅沢な雰囲気で美味しく満足できました
当日はレストランが休みだったので、ヘレンド博物館の中にあるカフェでケーキをいただきました。お腹がすいていたので2つも食べてしまいました。もちろん使用されていた器はヘレンドなので、贅沢な雰囲気で美味しく満足できました
【ヘレンド窯(ハンガリー・ヘレンド村) Photo Guide】
ヘレンドの珈琲カップです。ヘレンドの器は美しさと柔らかさの両方を合わせ持っているところが、気に入っています 付近にはヘレンドの工場以外なにもありませんでした。美しい自然に囲まれた中で、マスターたちの手作りのヘレンドが生れます
ヘレンドの珈琲カップです。ヘレンドの器は美しさと柔らかさの両方を合わせ持っているところが、気に入っています 付近にはヘレンドの工場以外なにもありませんでした。美しい自然に囲まれた中で、マスターたちの手作りのヘレンドが生れます
ヘレンドには、ペインター部門、ポター部門のそれぞれに「マスター」と呼ばれる、匠の技を身につけた職人さん達がいます ポター部門では、なにげないポットの蓋のつまみから、素晴らしい数千の透かし彫りの窓を開けた作品までが、1つずつ手造りで生れます
ヘレンドには、ペインター部門、ポター部門のそれぞれに「マスター」と呼ばれる、匠の技を身につけた職人さん達がいます ポター部門では、なにげないポットの蓋のつまみから、素晴らしい数千の透かし彫りの窓を開けた作品までが、1つずつ手造りで生れます
上のコーヒーカップのヘレンドのマークです 右側のティーカップのヘレンドのマークです
上のコーヒーカップのヘレンドのマークです 右側のティーカップのヘレンドのマークです
中央写真

1851年のロンドン博覧会では、ヴィクトリア女王がウィンザー城のためにヘレンドを注文しました。時代が変わっても、ヘレンドの造り方は変わりません。当時のままの製法と技術を、「マスター」と呼ばれる、ヘレンドの匠たちが受け継いでいきます

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】