タイトル写真

カフェ・フローリアン(イタリア・ヴェネツィア)

 カフェ・フローリアンは1720年12月に、サン・マルコ広場南側の新行政長官館の下に開店しました。店主のフロリアーノ・フランチェスコーニは最初「ヴェネツィア・トリオンファンテ」(勝ち誇るヴェネツィア)と名づけました。早くから客には「フローリアン」(FLORIAN 花のような)と呼ばれていましたが、公式に店の名前が「フローリアン」に変わったのは、ナポレオンがヴェネツィアを占領した1797年のことです。
 現在の「カフェ・フローリアン」の内装は、ほとんどが1850年代に当時のヴェネツィアで最高の芸術家と職人を集めて作られたものです。素晴らしい絵画がよく保存されているのは、製作時から海の湿気やタバコの煙から絵画を守るガラス板がはめ込まれているためです。

ヴェネツィア最古のカフェ
カフェ・フローリアン

 「カフェ・フローリアン」を訪れた有名人の名前を少し挙げてみます。
 まず、1850年の店内改装の直後から、毎朝朝食をとりにきた作曲家のリヒャルト・ワーグナーがいます。彼の業績を称え、オーストリアの軍楽隊(ヴェネツィアは1849-1866までオーストリアに占領されていました)はサン・マルコ広場で彼の作ったオペラ「タンホイザー」の序曲などをよく演奏しました。
 そのほかにも、スタンダール(小説家「赤と黒」)、ロッシーニ(作曲家オペラ「ウィリアム・テル」)、ディケンス(小説家「クリスマス・キャロル」)、プルースト(小説家「失われた時を求めて」)、モネ(画家)、マネ(画家)、ハイネ(詩人)、ニーチェ(哲学者)、リルケ(詩人)など、きりがありません。

サン・マルコ寺院と鐘楼です。鐘楼に上がると、サン・マルコ広場の全景を見下ろすことができます(広場とカフェAを参照してください)
サン・マルコ寺院と鐘楼です。鐘楼に上がると、サン・マルコ広場の全景を見下ろすことができます(広場とカフェAを参照してください)

 「カフェ・フローリアン」の店内は3つに別れた造りになっています。1850年の改装の際に拡張もされたようですが、どの部屋がそうなのかはわかりませんでした。
 1つの部屋に案内され、注文したのが「ダージリンティ」のセットです。トレーにミルクやシュガーなどが載せられてくるのですが、いちばん驚いたのが価格です。8.8ユーロですから1ユーロ130円で計算しても1150円ほどになってしまいます。
 大作曲家のワーグナーのように、毎朝ここで朝食を取るというのは、現在では大変な贅沢といえそうですね。

きちんとネクタイをした紳士の横では、もしかしたら学生かなと思うような女性が難しそうな本を開いていました
きちんとネクタイをした紳士の横では、もしかしたら学生かなと思うような女性が難しそうな本を開いていました

 ヴェネツィアの観光シーズンともいえる、4〜10月には小オーケストラの生演奏が行われたりしますが、その際には店内の席より先に広場に出ているテラス席から埋まっていきます。
 小オーケストラの演奏が、テラス側に張り出したテントの下で行われるためです。この時期に行かれた方は、ぜひテラス席にゆったりと座って、演奏を堪能してください。
 やはり1725年に創業した老舗の「カフェ・クアドリ」は、「カフェ・フローリアン」の向かい側になります。

【カフェ・フローリアン(イタリア・ヴェネツィア) Photo Guide】
サン・マルコ広場です。昔は広場で市が開かれ、出店料や売り上げの一部が大聖堂の貴重な収入になっていた時もありました 海外のカフェでいつも思うのは、ウエイターの身のこなしの見事さです。見るたびにカッコっいいていう言葉が出てきてしまいます
サン・マルコ広場です。昔は広場で市が開かれ、出店料や売り上げの一部が大聖堂の貴重な収入になっていた時もありました 海外のカフェでいつも思うのは、ウエイターの身のこなしの見事さです。見るたびにカッコいいっていう言葉が出てきてしまいます
ダージリンセットです。8.8ユーロです。味のほうは特別どうということはありませんが、店内の雰囲気のせいか美味しく感じてしまいます 店内のいたるところに絵画が飾られています。今回は写真の絵の下の席に座りました。絵の前面はガラスで保護されています
ダージリンセットです。8.8ユーロです。味のほうは特別どうということはありませんが、店内の雰囲気のせいか美味しく感じてしまいます 店内のいたるところに絵画が飾られています。今回は写真の絵の下の席に座りました。絵の前面はガラスで保護されています
中央写真

300年の歴史を感じさせる、「カフェ・フローリアン」の入り口です。開店当時からの建物なので、壁の塗装が剥げていたりして、店内の豪華な雰囲気をよりいっそう際立せています

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】