タイトル写真

トレイはなぜ3本の指で持つのか

 ちょっとオシャレなレストランや歴史のあるカフェの熟練したウエイターさんを見ていると、3本の指でスマートにトレイを支えています。
 トレイの上がいっぱいになるようなときでも、軽々と飲み物や料理を運んでいるような気がしますが、なぜ3本の指なのかを武蔵野珈琲店の店主に聞いてみました。2本では無理ですが、4本でも5本全部の指でもいいと思いますが、なぜ3本なのでしょうか。合わせて、昔ながらの8つ折り(8面)ナプキンについても解説してもらいました。こちらは現在のように飲食店の数が多くなく、カフェに人が溢れるような時代には、ホールの担当であるウエイターさんが必ずといっていいほど教わった基本のようです。

トレイはなぜ3本の指

 飲み物や料理を運ぶときになぜ3本の指なのかをマスターに聞くと「慣れると、3本が一番簡単だし楽なんですよ」という答えが返ってきました。
 「店の中では、飲み物や料理を運んでいるときにお客様が急に手を上げたり、身体を動かしたりするときがあります。当然こちらもお客様の邪魔にならないように身体を動かしてよけます。そのときに3本の指だと、トレイを水平に持ったまま身体が動かせるんですね。
 試してもらうとわかると思いますが、手のひらでべったり持ったりしていると身体の動きにあわせて、トレイも斜めになったりするんです」と、さらに詳しい説明をされて納得しました。
 そういえばカメラを支える3脚も3本だし、ロッククライミングの基本も「3点確保」です。3本指がバランスをとるのにいちばん適しているんですね。
 余談になりますが、トレイのことをちょっと年配の飲食系の人は「トレンチ」と呼びます。
 なぜトレンチなのかですぐに思い浮かんだのが「トレンチコート」のトレンチですが、これは戦争で使う塹壕(ざんごう)などの意味のようです。「trencher」(トレンチャー)という言葉には、塹壕兵という意味のほかに「木皿 」「切分け皿」(パン・肉の)という意味があるようなので、こちらのほうからきているのかもしれません。どなたかご存知の方がいらっしゃったらぜひご教授ください。

8面折なら、ナプキンを折り返しながら使うと8つのテーブルをキレイにセットできます
8面折なら、ナプキンを折り返しながら使うと8つのテーブルをキレイにセットできます

 8つ折のナプキンというのは、マスターが修行時代「先輩たちにくどいほど言われました。当時いた店は忙しく、お客様が帰るとすぐに次のお客様のためにテーブルをセットしなければいけません。そのときに1回1回ナプキンを洗っていたのでは、とうてい間に合わないんです。8面に折ると、1枚のナプキンで8面のテーブルを拭くことができます。1つの面を使ったら次の面というようにナプキンを折り返しながら使うんです。
 もうひとつの理由は、ぐちゃっと丸まったナプキンで机の上を拭かれるとどう思いますか。やはり、あまりいい感じは受けませんよね。そのためにも角をしっかり合わせて、ピシッとしたナプキンでテーブルをきれいにして、さあ、お客さまどうぞ、となるわけです。
 昔のカフェやレストランでは、お客様に少しでも気分よく過ごしてもらうためのルールがたくさんありました。
 武蔵野珈琲店では、今トイレが使用中なのか空いているかは必ずスタッフの頭に入っています。使用中の時にトイレに立つ人がいると「すいません。今使用中です」、そして空いたら「お待たせしました」とご案内をします。店自体は狭いので、そんな必要はないかもしれませんが、これなども昔から教わってきたことなので、そのまま守っています。
 ファーストフード店などが増えて、カフェなどでもそういった目にみえないサービスが少なくなりつつあるのはちょっと寂しいですね」とのことです。

【トレイはなぜ3本の指で持つのか Photo Guide】
ベタッと手のひら全体でトレイを支えます。なんとなく野暮ったい気がしませんか 3本の指で支えていると、見た目もキレイで特別に訓練されたプロっぽい印象を受けます
ベタッと手のひら全体でトレイを支えます。なんとなく野暮ったい気がしませんか 3本の指で支えていると、見た目もキレイで特別に訓練されたプロっぽい印象を受けます
ナプキンを広げた状態です。ここから折り始めます まず最初に2つ折にします。角を合わせることが大切です
ナプキンを広げた状態です。ここから折り始めます まず最初に2つ折にします。角を合わせることが大切です
さらに2つに折ります。これで布巾として使える面が4面になります。このときも角をそろえます もう1回2つ折りにすると、8面になります。手でパチンと叩いて平らにすると出来上がりです
さらに2つに折ります。これで布巾として使える面が4面になります。このときも角をそろえます もう1回2つ折りにすると、8面になります。手でパチンと叩いて平らにすると出来上がりです
中央写真

慣れてくると、3本の指でトレイを支えながら、ナプキンを指の間に挟んで持ったりもできます。ある程度コツがわかったら、自分なりに少し型を崩すとさらにスマートに見えるようになります

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】