タイトル写真

カップの取っ手

 吉祥寺・武蔵野珈琲店には100客を超える、コーヒーカップやティーカップがありますが、その中から「取っ手」の形の違うものを選んでみました。
 マイセン、ヘレンド、ロイヤルコペンハーゲン、リチャードジノリなど取っ手のデザインもいろいろです。カップをデザインする人たちが、苦労しながら個性的な取っ手を生み出しているのには感心しました。もちろん、実用的で、手にしっくりとなじむようにデザインされています。たぶん、女性が手に持ったときの美しさなども考慮されているのだと思います。カップの取っ手を見ていて気がついたのですが、お客などに出すときには、日本では左側に取っ手を持ってくる場合もあるようですが、海外では違うようです。これについては、もう少し、調べてみようと思います。

カップの取っ手

 コーヒーカップやティーカップの取っ手は、大きく分けると2つに分けられます。
 取っ手の中に指の入るタイプと、つまんでカップを口に運ぶタイプです。小さめのコーヒーカップでは、取っ手をつまむタイプが多く、ティーカップでは指が中に入るタイプが多くなります。

リチャードジノリのカップです。オシャレな絵柄に、金色を使った取っ手が付いています
リチャードジノリのカップです。オシャレな絵柄に、金色を使った取っ手が付いています

 武蔵野珈琲店のマスターに聞いてみると、「やはり容量の大きなカップは重くなりますから、指が入るようになっているのだと思いますよ」とのこと。
 なるほど、確かに一般的に紅茶のほうが量が多く、コーヒーは少なめの場合が多いですよね。カップ自体の重さもそうですが、中に入る紅茶やコーヒーの重さもカップによってずいぶん違ってきます。

ロイヤルウースターの珈琲カップです。やや大きめなので、中に指が入ります
ロイヤルウースターの珈琲カップです。やや大きめなので、中に指が入ります

 もうひとつ気になったのが、日本の器ではなかなか取っ手の付いた湯のみなどにお目にかかれないことです。
 管理人は、器に関しての知識もあまり持ち合わせていませんが、普通の湯飲みはもちろん、抹茶茶碗などにも取っ手は付いていないと思います。磁器と陶器の違いなどもあると思いますが、文化的にどこかで異なった発展の仕方をしてきたのでしょうか。

直線をうまく使ったデザインのロイヤルコペンハーゲンです。個性的な取っ手です
直線をうまく使ったデザインのロイヤルコペンハーゲンです。個性的な取っ手です
【カップの取っ手 Photo Guide】
マイセン(ドイツ) ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)
さすがに美しいマイセン(ドイツ)の取っ手です ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)の円形の取っ手です
ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク) ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)
直線的なデザインのロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)です 凝った円形のロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)です
ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク) ドレスデン(ドイツ)
大きめの取っ手が付いたロイヤルコペンハーゲン(デンマーク) 耳たぶのような形をしたドレスデン(ドイツ)の取っ手です
ロイヤルウースター(イギリス) リチャードジノリ(イタリア)
3角形のようなロイヤルウースター(イギリス)です オシャレなリチャードジノリ(イタリア)の取っ手です
ヘレンド(ハンガリー) ヘレンド(ハンガリー)
直線を活かしたヘレンド(ハンガリー)です 曲線を活かしたヘレンド(ハンガリー)です
中央写真

カップの中でもとくに人気の高いマイセンです。取っ手も上部はわざわざ2つに分けて、カップ本体に付いています。こんなところにもマイセンらしいこだわりが見えます

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】