タイトル写真

コーヒーカップのルーツは中国・景徳鎮

 現在でこそ、コーヒーカップの代表であるドイツのマイセン窯やハンガリーのヘレンド窯ですが、もともとのルーツを辿ると中国の景徳鎮(けいとくちん 現在の景徳鎮市)に行きつきます。
 中世ヨーロッパにはもともと高温で焼く硬質の磁器を作る技術がなく、オランダのデルフト焼、イタリアのマジョルカ焼などの陶器が古くから作られていました。そして当時、高温で焼く硬質磁器を作ることができたのが、中国の景徳鎮でした。
 オランダが中国から大量の磁器をヨーロッパに運び込むと、またたくまに当時の王侯貴族たちの間に広まっていきました。薄く、軽く、固く白い磁器はあこがれの品としてヨーロッパの人々を魅了しました。

コーヒーカップのルーツ

 中国では紀元前からの歴史がある漢の時代から、すでに磁器の生産が始まっていたと伝えられています。
 そして、17世紀に世界の海に進出したオランダが、東インド会社を経由して、ヨーロッパに磁器を運び込みました。厚手で重い陶器しか知らなかったヨーロッパの人々は、東洋から来た磁器の素晴らしさに驚くとともに、自分達でもなんとか磁器の製造をはじめようとしました。
 磁器は「白い金」と呼ばれるほどに、高価でもあったようです。

ヨーロッパで最初の磁器を作ることに成功したのがマイセン窯です。1710年にドレスデンに設立された「王立ザクセン磁器工場」がマイセンの始まりとされています
ヨーロッパで最初の磁器を作ることに成功したのがマイセン窯です。1710年にドレスデンに設立された「王立ザクセン磁器工場」がマイセンの始まりとされています

 その後、中国の明朝から清朝への政変により、景徳鎮からの磁器の輸出が途絶えてしまいます。代わりに注目されたのが、朝鮮からすでに技術が伝わり、磁器を製造していた日本の有田焼です。
 とくに「柿右衛門様式」と呼ばれる、すばらしい赤色を使った絵付けは、マイセン窯の磁器などにも大きな影響を与えます。

ヘレンドはマイセンの修理などをしながら技術を蓄積していき、1826年に開窯。オリジナルの製品を生み出していきました
ヘレンドはマイセンの修理などをしながら技術を蓄積していき、1826年に開窯。オリジナルの製品を生み出していきました

 1709年になり、ようやくヨーロッパで始めてのカオリン石を使った硬質磁器がベトガーやチルンハウス伯爵などにより生み出されます。そして翌年の1710年に設立されたのが「王立ザクセン磁器工場」(マイセンの始まり)です。
 今回、たまたま手元にあった日本のデパートで開催かれた「マイセン展」の目録を中国在住の方に見ていただいたところ、おもしろいことに気が付きました。
 素人が見ると「これは中国の絵柄を写したのかな」と思うような、そうとう古いマイセンでも「もう中国の絵とはずいぶん変わってきていますね」と感想が出てくることです。やはり当時から、東洋で好まれる絵柄とヨーロッパで好まれる絵柄の感覚はかなり違ったようです。

【コーヒーカップのルーツは中国・景徳鎮 Photo Guide】
景徳鎮の街です。電柱が全て景徳鎮で作られています。現在では「景徳鎮市」です 赤いポインターの位置が、景徳鎮市でです。中国でも、上海や南京より南寄りになります
景徳鎮の街です。電柱が全て景徳鎮で作られています。現在では「景徳鎮市」です 赤いポインターの位置が、景徳鎮市です。中国でも、上海や南京より南寄りになります
景徳鎮を作る材料となる、カオリン石の採れる江西省の高嶺(かおりん)付近の村です カオリン石は不純物を取り除き、乾かしてレンガのようにして、水路を利用し船で景徳鎮に運ばれました
景徳鎮を作る材料となる、カオリン石の採れる江西省の高嶺(かおりん)付近の村です カオリン石は不純物を取り除き、乾かしてレンガのようにして、水路を利用し船で景徳鎮に運ばれました
中央写真

景徳鎮の工場です。昔ながらの方法で、さまざまな景徳鎮の磁器が作られ、世界中に輸出されています

【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】