タイトル写真

ローズギャラリーのバラがあるカフェ・アンセーニュダングル(広尾店)

 ノルウエーやスイス大使館、モデルさんや芸能人御用達のビューティ、高級輸入食材を扱うナショナル麻布などがある街が広尾です。大人のオシャレな雰囲気が漂う街として知られています。
 日比谷線の広尾駅を出ると、すぐに目に付くのが広尾橋交差点です。マクドナルドがある方向に少し進むと、有栖川宮記念公園になります。緑に囲まれた中のベンチで一休み。青空を写し込む小さな池を眺めているとなんだか、すーっと日頃の疲れが身体から抜けていくようないい気分ですね。珍しい輸入食材を扱うナショナルをちょっとのぞいたら、広尾橋交差点に戻り右方向の西麻布方面に少し進みます。ありました。「カフェ アンセーニュダングル 手作りのおいしい珈琲とチーズケーキ」と書かれた看板。店は看板の横の階段を登った2階の右奥になります。

カフェ アンセーニュダングル

 レンガ造りに出窓がついています。その横にあるドアをそーっと開けると、中は間接照明で優しく演出された素敵な空間になっています。
 入ってすぐ横には、数人のグループで利用するのにピッタリな仕切られた席、中央には丸い大きなテーブルや4人掛け席、そしてカウンターが、店内の一番奥にあります。

ブレンドコーヒーです。さりげなく出てくるカップもロイヤルコペンハーゲンやリチャード・ジノリだったりするのがうれしいですね
ブレンドコーヒーです。さりげなく出てくるカップもロイヤルコペンハーゲンやリチャード・ジノリだったりするのがうれしいですね

 珈琲はていねいに淹れたネルドリップです(550円)。味については、他のページの評価にまかせますが、オールドビーンズを使用した「美味しい」という以上の感動が得られる味です。
 もう少し、力のある味を楽しみたいと思ったら、ノワール(700円)を注文してみてください。小さめのカップにキリっとして後口のいい珈琲が出てきます。こちらは、ネルの1杯取りで注文のたびに、店の人が真剣な顔つきでポットを傾けている姿が目に出来ます。
 女性の方に、ぜひおすすめしたいのがケーキとカプチーノなどのクリームメニューです。甘さを抑えながら、味の濃さをしっかり残しています。

カウンターも広く、後ろにはさまざまなカップやお皿が並んでいます
カウンターも広く、後ろにはさまざまなカップやお皿が並んでいます

 さてさて、味のことについてつい書きすぎてしまいましたけれど、アンセーニュダングル広尾店でいちばん書きたいのが、空間としての素晴らしさです。
 中央の丸テーブルに、7本のバラが飾られていますがこのバラはローズギャラリーのバラです。ほとんど毎週入れ替えられ、貴賓のある姿で店内に彩りを添えてくれています。
 カップやテーブルなどの調度品、天井のステンドグラスのランプなど、すべてがカフェアンセーニュダングルの素敵な空間を作るために選びぬかれています。
 1人の時も友人たちと一緒の時も、カフェにとって一番大切な、「居ごこち」のよさを感じます。

店内のアンティークな食器棚には、思わず見入ってしまうようなオシャレなグラスやカップがありました
店内のアンティークな食器棚には、思わず見入ってしまうようなオシャレなグラスやカップがありました
【カフェ アンセーニュダングル(広尾店) Photo Guide】
通り沿いのこの看板が目印です。店舗は2階になります 2階の右奥にあります。レンガ造りの壁が素敵です
通り沿いのこの看板が目印です。店舗は2階になります 2階の右奥にあります。レンガ造りの壁が素敵です
天井のステンドグラスのランプです。優しい光を作ります 最高に贅沢な調度品とも言える、ローズギャラリーのバラです
天井のステンドグラスのランプです。優しい光を作ります 最高に贅沢な調度品とも言える、ローズギャラリーのバラです
マスターの入れるコーヒーは肌理の細かい泡がふっくらと盛り上がってきます
カフェ アンセーニュダングル(Cafe Enseigne D'angle)は「角」を意味します。
●営業時間 AM10:00〜PM11:00 ●定休日 年中無休
●電話番号 03-3449-8853 ●住所 東京都港区南麻布5−15−25 六幸館ビル2F
【スポンサードリンク】

【珈琲とカフェ】

【コーヒーやカフェの話題】

【カフェアンケート】

【珈琲豆について】

【ヨーロッパのカフェ】

【Cafe Menu】

【Coffee&Tea Cup】

【日本のカフェ】

【sweets & cake】

【その他】

【吉祥寺】

【井の頭公園】